遺言書作成

当事務所で年間、200~300の相続案件のご相談をいただきますが、その中でも遺言書の作成がされていたケースは全体の5%未満です。

思いを書き残したノートが残っていることや、子供に宛てた手紙が出てくることもあるのですが、そのほとんどが法律の要件を満たしていない無効なものであったり、内容が曖昧であるために使うことができなかったりしてしまうのです。

遺言書の大きなメリットは、遺言者がお亡くなりになった際の煩雑な手続きを少しでもスムーズに出来るようにするということです。

不動産の名義変更や、凍結した銀行口座の解約など、実際にやってみるとどれひとつとっても簡単ではないのです。

私たちの事務所では、遺言を残される方の意思を最大限尊重させていただき、その後の手続きもよく考えた上で遺言書を丁寧に作成させていただきます。

したがって、相談時間も長く取らせていただくことになります。

どのようなことがお悩みなのか、不安に感じていらっしゃるのか、専門の相談員がゆっくり丁寧にお聞きいたしますので、何でもご相談いただければと思います。

手続きの流れ

1初回無料相談
相続・遺言書作成手続きについて、専門の相談員がじっくりお話をうかがいます。

実際にどのような手続きが発生し、どのように進めていくべきなのかを説明させていただきます。
どのくらいの費用がかかるかも事前にきちんと説明いたしますので、ご納得の上でご依頼いただければと思います。

2ご契約
ご提案内容に同意をいただければご契約となります。
もちろん、ご検討のうえ後日ご連絡をいただいても構いません。

3遺言作成手続き開始

(1)手続きのための資料収集・調査

A.相続人の確定に必要な書類の収集
戸籍

B.相続財産の確定に必要な書類の収集
不動産全部事項証明書等の取得・財産の調査

C.その他手続きに必要な書類の収集

ここが違う!!
遺言作成など法律的な手続きはもちろん、銀行や生命保険会社などから届く大量の書類の収集・整理等のご面倒な作業についても、必要に応じて経験豊富なスタッフがご自宅まで伺ってお手伝いさせていただきます。
生命保険・銀行に関する手続きについてもお気軽にご相談ください。

(2)遺言書の作成

A.で集めた資料をもとに親族関係図、財産目録等を作成し、遺言書を作ります。
また、公正証書遺言を作成するために必要な公証役場での打合せ代行や作成当日の証人のご用意(2名)もいたします。

4相続開始後の手続き
遺言執行者として、最後まで遺言を書かれた方の意思を尊重しながら手続きを行います。

黒沢レオ行政書士事務所の強み

中野に事務所をかまえる弁護士・税理士・司法書士等の法律家とネットーワークを結び、必要な手続きに応じてそれぞれの分野の専門家とともに、最適な解決を実現します。
また、葬儀社・介護施設にもご協力頂いておりますので、法律手続き以外に関するお悩みもお気軽にご相談ください。

通常の法律手続きの進め方
当事務所での法律手続きの進め方

料金一覧

遺言書作成・1名様の場合

項目

サービス内容

料金(税込)

自筆証書遺言作成サポートパック

遺言・案文作成

相続人確定のための戸籍取得作業

不動産全部事項証明書等の取得作業

遺言書作成アドバイス

54,000円

公正証書遺言作成サポートパック

遺言・案文作成

相続人確定のための戸籍取得作業

親族関係図作成

不動産全部事項証明書等の取得作業

公証役場での打合せ代行

作成当日の証人のご用意(2名)

遺言書作成アドバイス

108,000円

遺言執行者就任

遺言執行対象相続財産の1%

※上記金額が32,4000円(基本報酬)に満たない場合には、基本報酬となります。

遺言・証人

1人につき8,000円+交通費

遺言書作成:2名様の場合(ご夫婦で作成する場合等)

項目

サービス内容

料金(税込)

自筆証書遺言作成サポートパック

遺言・案文作成

相続人確定のための戸籍取得作業

不動産全部事項証明書等の取得作業

75,600円

公正証書遺言作成サポートパック

遺言・案文作成

相続人確定のための戸籍取得作業

親族関係図作成

不動産全部事項証明書等の取得作業

公証役場での打合せ代行

作成当日の証人のご用意(2名)

遺言書作成アドバイス

151,200円

遺言執行者就任

それぞれ遺言執行対象相続財産の1%

※上記金額が32,4000円(基本報酬)に満たない場合には、基本報酬となります。

遺言・証人

1人につき8,000円+交通費